ちりめん小箱

パッチワーク教室『糸ぐるま』

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

鈴木満子先生の展示会



鈴木満子コレクション藍と木綿の出会い
庄内の布糸と針のぬくもり女の手仕事展

鈴木満子先生は女の手仕事に魅せられて、長年、主に東北地方の「刺子」と「藍染」を蒐集してきました。海外でも評価の高まる日本の古布。中でも刺子はジャパニーズキルトとして人気があります。今回は庄内の刺子を中心に明治・大正の各地の刺子・藍染・紙布をご紹介、技の粋を極めた昔の女性たちの手仕事を見事な刺しの「表」はもちろん美しい針目と藍色の「裏」もじっくりと間近で見る事が出来ました。同時に古布を用いた「布花」(家庭画報クラフト展特別賞受賞)や昔の刺子を用いた服等、自身の作品も展示していました。
photo by 京子

布の実

photo by 京子

布の実

photo by 京子

布の実

photo by 京子

布の実

Check
photo by 京子

blog information

>> Latest Photos
>> Links
1 / 27 >>

このページの先頭へ